意見を全て取り入れてくれる結婚式場を探すコツ

ウーマン

新郎新婦の人生紹介

カップル

中座の時間を感動で埋める

結婚披露宴で流す、新郎新婦の誕生から二人が結婚するまでを一本の映画のように編集した映像を、生い立ちムービーといいます。披露宴が始まる前や新郎新婦がお色直しで中座する際に流されることが多く、ゲストの目を楽しませてくれる余興として人気です。披露宴に集まったゲストは親族や友人が多いので、生い立ちムービーに小さい頃の写真や学生時代の写真を入れれば、思い出話に花を咲かせることでしょう。あまり親交のない同僚や知り合いには、二人をよく知ってもらう良いきっかけになります。この時に、二人の写真だけを流しても構いませんが、ゲストが一緒に写っている写真を幾つか混ぜておけば、会場は一層盛り上がるはずです。この生い立ちムービーを自作する人もいますが、結婚式の準備で忙しい最中に映像を編集することは難しく、プロのように品質の高い作品に仕上げることはできません。生い立ちムービーは、専門の業者に依頼しましょう。新郎新婦の写真を渡して、感動的にするのか、または笑いが起きるような演出にするのか、要望を伝えれば希望通りの映像を作ってくれます。映像の製作には時間を要するので、結婚式の2、3ヶ月前には依頼しましょう。特にジューンブライドの前、春頃は映像制作の依頼も多くなるので、結婚式を行うことが決まったら早急に依頼する必要があります。制作費はかかりますが一生残るものなので、いずれ子供が生まれた時に、お父さんとお母さんの出会いを映像で見せてあげることができます。